車検が切れてしまった場合どうしたらいい!?

車検の期間について知っておこう

自動車を所有していると何かとお金がかかりますが、納めなければならないお金としては車検が一番かかるでしょう。車検は軽自動車でも6万円ぐらい、普通乗用車は9万円以上はします。予めお金を十分に用意しておくことが必要になります。では、車検の時期はいつまででしょうか。まず、新車の場合は3年、それ以外の場合に2年おきになります。車検の期限が切れる1ヶ月前から車検をすることが出来ます。ですが、油断をしていると車検が切れてしまう場合があります。

車検が切れたときの対応

仕事で忙しかったり、子育てで目が回るような毎日を過ごしていると車検のことをうっかり忘れてしまうことがあります。車検の有効期限が切れた時には、車を動かしてはいけません。どうしても車を使わなければならないときには、仮ナンバーを取得しなければなりません。仮ナンバーとは、ナンバーに斜めの赤い太線が入っている物になります。時折仮ナンバーの車をみたことがある人も多いのではないでしょうか。仮ナンバーを取得してから車検場まで行きましょう。

もし、仮ナンバーを取得していない場合どうなるか

もし、仮ナンバーを取得していない場合、車を駐車場から動かすことは出来ません。厳密に言えば、公道を走ることが出来ないのです。その場合には、仮ナンバーをを取得するまで待たなければなりません。もし、仮ナンバーを取得せずに公道を走って警察に捕まった場合には、懲役1年以下、罰金30万円以下を支払わなければなりません。それだけで無く点数も6点引かれてしまいます。車検を通すお金がもったいないからと車検を通さずに乗ると、数倍のお金が無くなってしまうわけです。

車検にかかる費用を抑えたいときには、早期に予約をしておくことです。インターネットを利用して手続きをすると、更に割引きがある場合もあります。